杵屋佐吉オフィシャルウェブサイト

ご挨拶

七代目 杵屋佐吉

 

 長唄 三味線演奏家の杵屋佐吉です。
 杵屋佐吉のホームページへようこそいらっしゃいました。

 佐吉家は江戸時代より200年以上続く長唄三味線方の家で、代表曲には「黒髪」「蜘蛛拍子舞」「まかしょ」「浅妻船」「五月雨」「惜しむ春」「夢殿」「黒塚」「伊勢参宮」「三社祭」など歌舞伎・舞踊曲・演奏曲と多数の作品があります。伝統を重んじつつも常に新しいものに目を向け、「低音三味線」「豪絃」「咸絃」(電気三味線)などの楽器の考案や改良、また「三絃主奏楽」や「童謡」「芙蓉曲」といった新しい演奏形態も確立して、創作活動を続けております。

 このサイトでは、代々の佐吉の紹介、私自身の演奏活動、楽器のコレクションやメンテナンス、私が会長を務める長唄 佐門会の演奏会情報、また息子の浅吉、佐喜の活動情報なども併せてお知らせしていこうと思っております。
 長唄を通じて、本来日本人が持っている「和のこころ」を思い出し、世界に誇る日本の文化をより身近に感じて頂ければ幸いです。

ページ上部に戻る